溶ける糸を利用したフェイスリフトの効果

切らなくても改善できる!ほうれい線やマリオネットライン

切らなくても改善できる!ほうれい線やマリオネットライン / 施術で使用する糸は2種類 / 糸が吸収されるまで効果は2年間ほど持続

若い頃はあまりきにならなかった顔のたるみが、だんだん目立つようになってきてしまいスキンケアだけでは対処することが難しくなってきました。
肌のたるみはメイクではカバーすることが出来ないので、放置すると一気に老けた印象を与えてしまうので少しでもハリと弾力のある肌を維持する方法はないか色々な方法を探していたところ、見つけたのが「フェイスリフト」です。
美容クリニックで受けられるフェイスリフトといえば、皮膚を切開してSMAS表在性筋膜を引き上げることによって皮膚や脂肪を同時に持ち上げる方法だということは知っていましたが、顔に少しでも傷を付けるのはかなり躊躇してしまったので治療を受けることはかなり不安に感じていました。
そんな時に美容情報サイトで紹介されていたのがメスを使用しないフェイスリフトの方法です。
これは時間が経つと体内に自然に吸収される特殊な糸を皮膚の下に通す、「スレッドリフト」と呼ばれる治療方法で目元や口元、首などの部分的な施術が行えると知り、詳しく治療内容を聞いてみたくなりました。
実際にスレッドリフトの治療を行っている美容クリニックでカウンセリングを受けてみたところ、自分のように頬や顎のたるみを改善するにの効果的であることや、既にほうれい線やマリオネットラインが出てしまっている人にも良い効果があると説明を受け、大掛かりな手術が必要ないので短時間で美容効果が得られる点を魅力的に感じました。

以前から切らない糸のリフトアップ治療を行うと、たるみが取れるだけでなく肌質が改善されるという現象に気づいていた。

皮膚に糸を入れるという点では、下瞼のタルミ取り治療やフェイスリフト、前額のリフトアップ治療などにもこのことを応用することは可能。
#フェイスリフト #糸リフト #たるみ取り

— みずほクリニック院長小松 (@mizuhoclinickk) September 10, 2020